ついに普通自動車免許取得、体験談と学科試験の攻略法

4/16に普通免許の学科試験を受けに行きました。

そして合格となり、晴れて運転できるようになりました

問題は95問、実は仮免より簡単?

本免試験は問題数95問と、仮免よりも問題数が多いですが、実は仮免より簡単だと思います。

なぜなら

  • 危険予測が全部あってたら10問まで間違えてもOK
  • 時間が50分ある

問題数が倍になりますが、間違えていい問題と制限時間になります。

つまり、第11問から20問まで連続で間違えても他が全てあっていれば合格になります。

そう思うと、仮免よりハードルは低めだと感じました。

ただそれは危険予測があっていればの話。

危険予測は一問落とすと2点減ります。

危険予測だけでも5問出るのでそれを全部間違えたらほぼ不合格確定です。

なぜか郊外にある免許センターで試験を受ける

というわけで福井県内某所の免許センターに受けに行けました。

免許センターってなんで郊外にあるんでしょうかね。警察署で受けられたら便利なのに。

それはともかく無事に試験を受けてきました。

ただ今回の試験は二輪に関する問題が多かったように感じます。

今後免許試験を受ける人は二輪の対策もしておいたほうがよさそうです。

そしてしばらくして合格発表・・・緊張の瞬間。

ドクン ドクン ドクン

番号

あったーーーーー!

合格しました!

思えば2ヶ月前、人工透析を受けていた祖母を病院に連れていくために免許を取ろうとお金を準備したのに、その次の日になくなってしまい、なんだかんだで免許を取りに行くことにしたのですが、苦労の末、取れました。

失声しても免許って取れるんですね。

これで自由に運転ができるわけです。一生付き合っていく車。これからどんな出会いが待っているのか楽しみです。


スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事